読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kengo700のナレッジベース

誰かの役に立つと思う情報を発信するブログ

スポーツジムに通い始めた時の記録

体を壊した時にカウンセラーの先生から定期的な運動を勧められたので、スポーツジム(以下、ジム)に通い始めました。この時の記録を公開します。

ジムに興味があるけれど、よく分からなくて始められない、というような方の参考になれば幸いです。

はじめに

私は家の近くの「コナミスポーツクラブ」に通っています。

ジムの種類が異なれば手続きなど変わってくるはずなので、ご注意ください。また同じ系列でも、店舗ごとに設備や雰囲気は違うと思います。

私自身については、中学、高校、大学まで部活動(サークルではなく)で、ほとんど毎日運動と筋トレをしていました。なので、ある程度トレーニングマシンの使い方は知っていましたし、スポーツウェアやシューズは持っていました。これまで全く運動したことがない、という方には参考になりにくいかもしれません。

ジムに通い始めた時の記録

事前登録

  • ホームページの案内を見て、とりあえず週1のコースにすることに
  • ホームページから事前登録(WEB入会)
  • 会員証が一週間ほどで届くらしいが、それまでは登録ページに表示されるバーコードを受付に見せるらしい
  • このバーコードをPDFファイルにしてDropboxでスマホに移しておいた

初回

持ち物:スポーツウェア、シューズ、スポーツタオル、下着

  1. 受付
    • 16:00くらいにジムへ
    • エレベータから出ると受付があったので、WEBで登録していることを伝える
    • 会員番号を聞かれたので、バーコードの画面をスマホで見せた
  2. 登録手続
    • タブレット端末で幾つか入力したり、顔写真をとったり
  3. いろいろ説明してもらう
    • ロッカーの使い方
    • 各スペースの使い方など
    • 初回オリエンテーションが今日は終わっているので、次回のときに受けるように予約(次週の14:30)
  4. 運動
    • とりあえずストレッチスペースで、テレビで流れているビデオのとおりにストレッチ
    • トレーナーの人に教えてもらってランニングマシンで30分走る
      • ホワイトボードに利用時間と認証キーの番号を書く
      • 認証キーをランニングマシンの指定の部分にかざす
      • 利用時間などを入力
      • 加速ボタンで開始
      • ディスプレイでテレビを見れたりする
    • いろいろ筋トレやランニング
  5. 運動後
    • 備え付けの風呂(人工温泉)に入る
      • 結構広め
      • シャワー、浴槽×2、サウナ、水風呂
    • 20:00くらいにロッカーのカギを返してチェックアウト

2回目

持ち物:スポーツウェア、シューズ、スポーツタオル、下着、iPod shuffle、会員証

  1. 受付まで
    • 予約のとおり14:15くらいにジムに行き、受付
    • オリエンテーションの人の目印の札を受け取り、着替えて椅子に座って待機
  2. オリエンテーション
    • トレーナーの人に、各スペースと機械の使い方を教えてもらう
    • 入り口近くにある端末で、身長や体重、体脂肪率、血圧を測って記録
      • 目的に合わせて、適切なメニューを表示してくれる
      • 血圧が高かったのであんまり重い運動はしないほうがいいとのこと
      • 次回からも毎回記録する
    • 基本の4種類の器具(腕立て、スクワット、背筋、腹筋)について使いながら説明
  3. 運動
    • オリエンテーション後,前回と同じようにランニングと筋トレ
    • iPodで音楽を聞きながら
  4. 運動後
    • 風呂
    • マッサージチェアを使ってみる

3回目以降

持ち物:スポーツウェア、シューズ、スポーツタオル、下着、iPod shuffle、会員証

  1. 運動
    • 始めにランニング
    • 筋トレ
      • 腕立て、スクワット、背筋、腹筋、etc.
    • 気分によってエアロバイク(自転車のやつ)やクロストレーナー(足踏みするやつ)
    • 1~2時間程度
  2. 運動後
    • 風呂
    • 時間があればマッサージチェア

感想など

雑感

正直ジムに行くまでは、大学の体育館のトレーニング室で筋トレしたり、家の近くをランニングすれば十分なんじゃないかと思っていました。ジムの会費が学生にとっては重いものでもあったので。

しかしジムに行ってみて、その設備の充実度に驚きました。会費以上のサービスが提供されていると思います。

例えるなら、「自宅で勉強する環境」と「塾で勉強する環境」くらいの差があります。

サービスについて

ジムに行く前は、ジムのトレーナーの人に謎の苦手意識があったのですが、全くの杞憂でした。無駄に話しかけてくることもなく、器具の使い方が分からなかったり間違っていた時は、嫌みなく教えてくれました。さすがはプロです。

個人的には、認証キーを用いた管理システムが興味深かったです。ランニング距離や筋トレ内容が自動的に記録されるので励みになります。

まだ利用しきれていないサービスも、いろいろあります。

おわりに

苦しい思いをしてランニング・筋トレをした後に、風呂で体をほぐし、マッサージチェアで好きな音楽を聴きながらまどろむ時間は、控えめに言っても最高です。