読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kengo700のナレッジベース

誰かの役に立つと思う情報を発信するブログ

努力は才能ではないと思っていたが、間違いだと気付いた

昔、部活の同期と飲み会の帰りに話したことをずっと覚えている。

彼は「努力できることも才能の1つ」と主張した。

なぜそんな話になったのか、俺がどう答えたのかも忘れたが、俺の意見はずっと真逆だった。

「努力できることは才能ではない」

理由は単純。

「もし、努力しなければ死ぬ状況になれば、誰でも努力できるから」である。

ちょうどそのころ、死ぬために無茶な努力を続けていたから、

そうとしか思えなかった。

しかし過労で体を壊してから、これが間違いだと気付いた。

気力が完全にない。集中できない。常に息苦しい。

何時間、何日机に座ってパソコンに向かっても、何も進めることができない。

あらゆる方法を試しても無理だった。

前述の例でいえば、「たとえ、努力しなければ死ぬ状況でも、努力できない」状態。

今でも信じられない。

体力と努力だけで生きてきた、これまでの経験がすべてひっくり返るような状況。

だが、実際そうなのだから仕方ない。

俺の場合は極端から極端に振れたが、どうあれ「努力できない」状態になったわけだから、

生来、そのような状態である人もいるはずである。

だから、努力できることは才能である。