読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kengo700のナレッジベース

誰かの役に立つと思う情報を発信するブログ

PowerPointで省略を表す波線をつくる方法

PowerPointで、長い図やグラフの一部を省略したいときに使われる波線をつくる方法を紹介します。

はじめに

PowerPointで波線をつくる方法はいくつかありますが、ここでは「大波」図形を並べる方法を紹介します。

※ここではPowerPoint 2013を使っています。他のバージョンだと操作が異なるかもしれません。

波線を作る方法

  1. 「挿入」タブの「図形」から「大波」図形を選択し、スライドに挿入する f:id:kengo700:20160220130853p:plain:w500
  2. 必要な長さになるまで、コピーして並べる
  3. 並べた図形をすべて選択し、「書式」タブの「図形の結合」から「接合」を選択する
    • もし合成後も間の縦線が残っている場合は、並べた図形が離れすぎているので、位置を調整してから再度合成する f:id:kengo700:20160220132028p:plain:w500
  4. 色や線の太さを修正する
  5. 両側の縦線を、白塗りした四角形の図形などで隠す f:id:kengo700:20160220131903p:plain:w500

参考資料

おわりに

省略